MENU
グラフ1
2016年3月6日

ミライカレッジ×シティリビング アンケート調査報告!20代女子は「地方」にも 「ライフデザイン」にも前向き

ミライカレッジでは、オフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」と連携し、首都圏エリアの20代~50代読者に、地方への意識や自分のこれからの生き方を考えるライフデザインへの興味について、アンケート調査した。
(調査期間2015年11月3日~9日、有効回答数866名)

アンケート調査の結果で興味深かったのは、20代、30代の半数が地方に興味を持っていること。そして、地方への関心の高い領域として「観光」や「ふるさと納税」「地方ブランド」などに続いて、3人に1人が「地方産業の担い手確保や地方での企業」をあげたことだ。さらに、20代では、4人に1人が「地方移住」「地方の女性活躍」に関心を持っている。

 また、「結婚や仕事など、これからの人生に関するライフデザインセミナーがあったら、参加してみたいと思いますか?」という設問に対しては、20代が45.2%、30代が44.9%と高い関心を示している。

 アンケート結果全体から読み取れるのは、若い世代ほど「地方」への関心や向き合い方が
アクティブ。自分がどこで暮らすかという選択肢も含めたライフデザインにも前向きで、自分の
生き方を考える意志が感じられる。住んでいる地域を含め「地方」や自分自身のライフデザイン、あなたはどう向き合う?

シティリビングシティリビング