MENU

ラボ

ミライカレッジのキーワードは「ライフデザイン」。
「デザイン」が持つ本来の意味は、今よりよい状態や環境を作り出すための計画。
ミラカレラボは、時代とともに変化する暮らし、仕事、結婚への考え方や意識を調査し、
未来に向け、あなたが描き出すライフデザインのヒントを提供します。

2017年9月3日

地域や社会に役立つ自分の存在が感じられるとより幸せを感じる!?

全国2万人を対象とした「PB地方創生幸福度調査」*によると、女性、男性とも「地域や社会に役立つ自分の存在が感じられること」を重要と考える人ほど、幸福度も高い傾向があることがわかりました。本調査では「幸福度に関する実感」を10段階評価してもらい、幸福実感と具体的に重視する項目との相関関係を明らかにしています。

自分を取り巻く地域や社会に居場所や役割があり、役立っている自分を実感できると幸せと感じられるということ。地域や社会に貢献というと、何となく自己犠牲や自分自身の何かを削って活動するなどのイメージを持つ人も多いでしょう。でも、もっと気軽に地域や社会に関わり、できることをやってみるというのは、自分を幸せにする一つの方法かもしれません。あなたも、データを信じて、地域の活動に参加する、ボランティアをやってみるなど、お試しで行動を広げてみては?

詳細は、https://www.pi-pe.co.jp/news/10752/
*PB地方創生幸福度調査委員会調べ (2017年1月実施、インターネット調査、事務局:㈱パイプドビッツ)