MENU
DSC00140
2017年5月17日

成婚レポート(ミライカレッジ鳥取前編)「2~3時間の婚活イベントでは相手をよく知れない」

2017年5月にご入籍!2016年秋開催のミライカレッジ鳥取で出会って、順調に愛を育まれた左:ひろさん(36歳)&右:マサキさん(34歳)のエピソードをご紹介♪

DSC00067

①ミライカレッジ参加の動機は?

マサキ:町の婚活サポーターの方から「セミナーだけでも行ってみたら?」という誘いで。

ひろ2~3時間の婚活イベントでは相手をよく知れないので、一泊二日のツアーイベントを探していました。セミナー

②印象に残っていることは?

マサキ:男性には事前セミナーが合って、結婚力を上げる講座などあって面白かったです。わかっているようでわからなかったことも多かった。アドバイスを元に、ツアーで着る洋服も買いに行きました。

ひろ:(その成果で?)彼は清潔感があるなと思いました。あまり派手じゃなく、普通が一番かなと(笑)。ツアーではワークショップが色々工夫されていてよかった。顔と名前もすぐ覚えられたし。

DSC00140

マサキ:僕はいい人だなあと思う人を積極的に覚えようと意識していました。女性からの鳥取の質問にも答えつつも、自分のアピールをしっかりできるように考えていました。ますは自分を知ってもらわないと。

ひろ:夕食で彼が配膳の度に旅館の方へ「ありがとうございます」、朝食も「ごちそうさまでした」と丁寧にあいさつしていた姿が心に残っていて。こういう人間性がみられるのも泊りがけのツアーならではかな。

DSC00032

③第一希望同士ではなかった?

マサキ:カップルになったのは意外で、自分はひろさんを第三希望に書いていたから「ありがとうございます」という感じでした(笑)。

ひろ:私は第一希望でした(笑)。ツアー中にたくさん話し込んだわけではないけど、いいなぁと思って。彼は私のことを選んでくれているとは思ってなかったですが。

DSC00078

④ツアー内容について

ひろ:白壁土蔵はもっとゆっくりみたかったかな。交流と現地を楽しむバランスは難しいのでしょうね。今思えば、ツアーはあくまできっかけなんだなと。もっと田舎だろうと思っていたイメージが、ツアーに参加して、交際してから何度も訪れていくうちに「ちょうどいい感じ」という気持ちへ変わっていきました。

DSC00172

生活面に不便はないし、おしゃれなカフェもある。田舎だからこそできるこだわりもある。カップルになってから改めて二人で現地を楽しむことができて良かったです。

後編はこちら(成婚レポート〜ミライカレッジ鳥取後編)