出会い

友達の紹介で出会った人との恋愛成就のポイントを伝授!

「出会いが欲しい」と感じている方の中で、友達に紹介をお願いしようか考えている方は多いのではないでしょうか。

友達の紹介で出会う人は意外とたくさんいます。また、その中には付き合ったり結婚に至るカップルも少なくありません。

そこで今回は、友達の紹介での出会いのメリット・デメリットや、恋愛成就のポイントなどをご紹介します。

出会いを探している方はぜひ参考にしてくださいね。

友達の紹介で結婚できる確率

友達の紹介で出会った人の多くは、結婚まで至っています。

国立社会保障・人口問題研究所が行った調査によると、約30%の人が友達の紹介で出会い結婚に至ったと回答しています。

(参考:国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」)

「職場や仕事場で」と回答した人は約28%なので、自然な出会い以上に友達からの紹介で出会った夫婦の方が多いことが分かりました。

4分の1は友達からの紹介で出会っていることになるので、友達の紹介での出会いは、結婚したい女性におすすめの出会い方と言えます。

意外と多くの方が、友達の紹介という出会い方を実践しているんですね。みんな人知れず積極的に活動しているようです。

友達の紹介で付き合った人の声

ポーズを決める友達の写真

友達の紹介で結婚やお付き合いに至った人を見たことがない!という方もいるかもしれません。そこで、SNSで友達の紹介で出会った人の口コミを探しました。

素敵な出会いがあった

簡単に検索しただけでも、多数のコメントを発見しました。みなさん幸せそうなツイートが多いのも印象的です。

また、実際に紹介された側だけでなく、紹介した仲介者のコメントも多いように感じました。紹介した側もハッピーになっているようです。

お付き合いには至らなかった

友達の紹介での出会いに対するネガティブなコメント自体が少ない印象でした。

ただ、紹介を頼んではいるもののなかなか紹介してもらえなかったり、その日のコンディションが悪かったりして進展しないこともあるようです。紹介してもらったからと言って必ずうまくいくとは限らないので、気を付けましょう。

でも、本当に友達の紹介から素敵な出会いを見つけた人がいると分かれば、信ぴょう性が増しますね。

友達の紹介で異性と出会う3つのメリット

友達の紹介で出会い、お付き合いや結婚を果たしている方はたくさんいます。友達の紹介にはどんなメリットがあるのでしょうか。おすすめポイントを3つご紹介します。

紹介してくれた友達も含めて遊べる

友達の紹介なので、仲介役の友人はどちらのことも知っているというケースがほとんどでしょう。どちらにとっても共通の友人なら、その友達を含んだみんなで遊ぶことも簡単にできます。

普通は、彼氏の友達友達とは時間をかけてゆっくりと知り合いますが、すでに友達ならその時間が必要ありません。

皆で出かけると、彼氏と2人で出かけるのとはまた違った楽しさを体験できるでしょう。キャンプやスノーボードなど、みんなで遊ぶからこそ楽しいこともたくさんあります。

友達の知り合いだから安心

友達の紹介以外の出会い方は、相手のバックボーンが分からないデメリットがあります。すごく良い人そうに見えても、実は性格が悪かったり裏があったりすることも…。

でも、友達の紹介なら、ある程度はしっかりとした人を紹介してもらうことができます。自分の友達にわざわざ変な人を紹介する人は滅多にいません。

また、相手のことを友達に聞いたり相談できるのも嬉しいポイントです。

気の合う男性と出会える確率が高い

友達も「幸せになってほしい」と思って紹介するので、性格が良い人や趣味が合う人を選んでくれています。そのため友達の紹介では、気の合う男性と出会える確率が高いようです。

気の合う男性なら、お付き合いした後や結婚した場合でも、2人で楽しい時間を共有することができるでしょう。

友達の紹介で、思い切り変な人と出会うことってあまりないですよね。

友達の紹介で異性と出会う2つのデメリット

友達の紹介は良いことばかりの出会い方のようですが、実はデメリットもあります。友達に紹介をお願いする前に、2つのデメリットを確認しておきましょう。

断る時に気まずい

友達の紹介は断りにくいデメリットがあります。友達の善意に対して、申し訳ないような気持になることもあるでしょう。

相手の男性だけでなく、友達とも気まずくなってしまう可能性もあります。特に、男性側は行為を持ってくれた場合は、丁寧にお断りをしましょう。

事前に友達にも相談をしておくと、トラブルを回避できるかもしれません。

過去を知られてしまう

知られたくない過去や恥ずかしい経験の1つや2つ、誰にでもあるでしょう。友達の紹介では、そういった過去も知られてしまう可能性があります。

仲の良い友達程、自分のことをよくわかってくれているはず。相手の男性が友達から自分の過去の情報を収集されたときに、友達に悪気はなくともいろいろなことを話してしまうことはあるかもしれません。

友達の紹介での出会いにも若干のデメリットがありますね。ただ、深刻さはない気がします。

友達の紹介で出会う時の流れ

友達の紹介で男性と出会うの流れが分からず、躊躇してしまうこともあるでしょう。流れを知っておけば、実際に紹介してもらった時にも安心です。

ラインをする

まずは、友達を通して連絡先を交換しますが、今は連絡ツールの主流がラインなのでラインで連絡することがほとんど。

連絡先を交換したら、紹介をお願いした側から「はじめまして」と挨拶を入れるのがマナーです。併せて簡単に自己紹介もしておきましょう。

何回かやり取りをして、「気が合うな」「いいな」と思えば実際に会う約束をしてOKです。

実際に会う

事前に決めた日時に会いましょう。2人出会うのがベストですが、心配な場合は友達を呼んでみんなで会うこともできます。

はじめて会う時は、ランチやお茶など早めの時間に約束するのがマナー。お互い疲れない程度に1時間~2時間程度でサクッと終わらせて、見た目や雰囲気、言動に違和感を感じないかなどをチェックします。

もし1回目のデートで相手の男性を「いいな」と思えなかったとしても、何度か会ううちに相手の良さが分かることもありますので、すぐに判断しないことが大事です。

友達の紹介で出会った人とラインする時のコツ

友達の紹介で出会った人とどんなラインの?と困っている方もいるかもしれませんね。友達の紹介で知り合った男性とのラインする際のポイントを3つ紹介します。

挨拶をしっかりする

挨拶はしっかりしましょう。友達の紹介で知り合った人は、なぜかすでに友達のような感覚になってしまうこともありますが、まだ知り合ったばかり。

特に、結婚を意識する男性はそういった細かいところもチェックしています。自己紹介やお礼などはしっかり伝えましょう。

最初は丁寧語を使う

友達の知り合いといえども礼儀は守りたいところ。男性から「敬語やめよう」と言われるまでは、丁寧語を使っておいた方が無難です。

「失礼な子だな」「慣れ慣れしいな」と悪い印象ができてしまうと挽回するのが大変になります。逆に最初に良い印象を与えることができれば、そのまま良い方向に発展していく可能性が高いです。

いいなと思えば会う約束をする

もし、ラインしていて「会ってみたい」「楽しいかも」と感じることがあれば、会う約束をしましょう。誘い方は簡単に、「今度食事にいきませんか?」「友達とみんなで遊びませんか?」などで大丈夫です。

友達の紹介の場合、仲良くなるために出会っているようなものなので、会うまでの展開は早いことが予想されます。

友達よりは丁寧に。でも、堅過ぎない関係がベストでしょう。

友達の紹介で出会った人と会う時の3つのポイント

男友達の写真

友達の紹介で出会った男性と会う約束をしたら、「どんな感じで行けばいいんだろう」と心配になることもあるでしょう。心がけたいポイントは3つあります。

きれいめな服装を心がける

一応男女を意識した出会いなので、綺麗めな服装やメイクにしたいところ。男性からは、女性らしいワンピースやスカートが喜ばれます。

お手本は女性アナウンサーです。清楚ながらも、かわいさやかっこよさを醸し出すことができるでしょう。

デート内容を人任せにしない

デートを男性にリードしてほしい!と思うこともあるかもしれませんが、まだ会ったこともない相手の趣味趣向に合わせてデートプランを考えるのは至難の業です。

「これが食べたい」「ここに行きたい」と要望は素直に伝えましょう。初めてのデートは、自分でプランを決める女性もたくさんいます。自分の好みやスケジュールに合わせて決められるので、その方がむしろ楽かもしれません。

時間をもらったお礼を伝える

会った後にはお礼の連絡を入れましょう。時間を空けてもらったこと、楽しく食事できたことなどに感謝の気持ちを伝えると、好感度が上がります。

できれば、紹介してくれた友達にも報告を入れると親切です。男性のことを「いいな」と思えなかった場合でも、紹介してくれたことにはお礼を伝えましょう。

友達への中間報告といったところでしょうか。紹介してくれた友達もきっと心配しているので、連絡を入れるのを忘れないようにしましょう。

友達の紹介で出会った人の断り方

何度か会ってみても、どうしても恋愛する気になれない場合もあります。そんなときには、曖昧な関係にせず、しっかり気持ちを伝えましょう。断る時のポイントは2点です。

友達にも一報を入れる

まずは友達に連絡することが重要です。友達に失礼のないようにしなければ、友達との関係も悪くなってしまう可能性があります。

紹介してくれたお礼、上手くいかなかったことへの謝罪は伝えたいところ。ただ、相手の男性のことは、悪く言わないようにしましょう。

友達にとっては、大事な関係の人のはずです。相手の男性を悪く言うことで、あなたへの信頼を失うことになるかもしれません。

傷付けずにはっきりと関係を断つ

傷つけないよう言葉を慎重に選びながらも、はっきりと恋愛できないことを伝えましょう。断る時のポイントは以下の5つです。

  • 友達でいたいと伝える
  • 嘘はつかない
  • 曖昧にしない
  • 期待させない
  • 感謝の気持ちは伝える

ただ、友達の知り合いなので、時間をかければ良いところがどんどん見えてくる可能性が高いです。友達として良好な関係を続けられるよう頑張りましょう。

自分だったらどんな風に言われたいかを考えてみると、言葉が出てくるかもしれませんね。

まとめ

友達の紹介は、昔から人気の高い出会い方です。今でも結婚した人の4人に1人は友達の紹介で出会っています。

ただ、友達の紹介にはメリットだけでなくデメリットもあるので気を付けましょう。友達も関係してくるので、紹介をお願いする時は慎重に行う必要があります。

また、紹介してくれた友達へのお礼や配慮も忘れずに行いましょう。今回紹介したポイントも参考にしてもらえたら嬉しいです。

RELATED POST