結婚の年齢

30歳で結婚してない人ってどれくらい?なにからすれば良いの?

20代が終わってしまい、そろそろ婚活をしなければと焦りだした。
親から結婚を催促されるんだけど、実は何をすれば良いのかよくわかっていない。

30歳になって、そろそろ婚活をしなければと焦りが出てくる人も多いはずです。

10代の頃、漠然と30歳までには結婚しておきたいと考えていた人もいるかとは思いますが、実際にどうやって出会って、どんな流れで結婚まで至るのかイメージの付かない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、30歳で結婚していない女性の割合や、30歳婚活女性のNG行動を解説し、これから婚活を始めるには何からしたら良いのかを解説していきます。

30歳で現在婚活を検討している人は、ぜひ読んでみてください。

30歳で結婚してない女性の割合

まずは30歳で結婚していない女性がどれくらいいるのか、割合からまとめていきます。

国税調査によると、30~34歳の未婚率は33.7%。平均初婚年齢は、女性が29.4歳となっています。晩婚化が進んでいることからも、30歳で結婚していないことはさほど珍しいことではないでしょう。

(参考:「平成27年国勢調査」)

3人に1人は30歳でも未婚なので、特段焦る必要はありません。しかし、子どもを生んで育てたいと考えているのであれば話は別です。

30歳を超えると卵子が劣化し、妊娠率が下がり、妊娠できたとしても染色体異常が起きるリスクが上がります。

妊娠率は35歳を超えると急激に下がることからも、1つの区切りとして目安とされています。(WHOでは、35歳以降で初産の場合は高齢出産と定義付けています。)

出会って1年で結婚、2人きりの新婚生活を1年楽しむと考えると、子どもを生みたいのであれば30歳からはより積極的に婚活を行う必要があります。

33~35歳になると、妊娠のリスクを考慮してか婚活の場では不利に働くことも多くなってしまうためです。

30歳から結婚できる確率

総務省の未婚率に関するデータによると、30歳の女性が5年以内に結婚できる確率は35%。35歳の女性となると、21%に一気に下がります。

(参考:「統計局 未婚の割合」)

これは恐らく、高齢出産のリスクを避けるためと考えられます。男性が婚活をスタートする場合、30~33歳以下が1つのボーダーラインとなるでしょう。関係を構築して、子どもを生むまでの期間を逆算すると、34歳では高齢出産のリミットに対してギリギリになってしまうからです。

このことから、30代半ばに近づくにつれて結婚の候補からは除外されてしまう確率が上がります。結婚相談所や婚活アプリでも、年齢は最も重要な条件の1つです。

結婚の確率を上げるためには、30代前半の婚活が非常に重要です。多くの男性の条件から外れる前に、早めの婚活を計画しましょう。

30歳から婚活を始める前に取り組むべき3つのこと

では、30歳から婚活を始めるとして、何から始めて行けば良いのでしょうか?1つ1つ解説していきます。

婚活のゴールと相手の条件を決める

婚活を始める前に、婚活のゴールと相手の条件を決めましょう。ゴールとは、何歳までに結婚し、何歳までに子どもを生むか。条件は、相手男性の年収や年齢、その他の外せない条件のことです。

ただ、相手男性に求めるスペックが高すぎるといつまで経っても出会うことができず婚活は長引きます。

誰と結婚するかは人生で最も重要な決断になるので、妥協すべきではありません。しかし、自分の市場価値と相手男性のスペックが合っていないとなかなか選んでもらうのは難しくなります。

例えば30~34歳男性の平均年収は513万円なので、目安として覚えておきましょう。600万以上を条件にする場合は、相手男性の年齢基準を40~40代半ばまで引き上げる必要があります。

(参考:「国税庁 平均給与」)

自分磨きに取り組む

婚活の条件を目安に決めたら、自分磨きに取り組みましょう。パーティや結婚相談所を経てのお見合いに臨むのであれば婚活に出向くのに適したファッションを用意しておく必要がありますし、似合う髪型やメイクも改めて研究する必要があります。

中にはありのままの自分を受け入れて欲しいと考える人がいるかもしれませんが、それは間違いです。

お互いに多くの人の中から自分に合った人を見つける必要のある婚活では、見た目を磨かなければ中身を見られないまま見切られてしまうためです。

婚活や出会いの場に出向く

準備が整ったら、出会いの場に積極的に出向きましょう。出会いの場の男性からの反応で、自分の市場価値が分かるはずです。元々の性質もありますが、自分の好みではない男性から言い寄られてしまうことが多いのであれば、見た目の方向性が違う可能性が高くなります。

出会い方や出会いの場は一通り試してみることをおすすめします。婚活パーティから男女混合の飲み会、マッチングアプリから結婚相談所まで、複数経験することで自分に合っている出会い方がどれなのかがわかります。

特にマッチングアプリは無料で始められて、自分がどの層に需要があるのかがすぐにわかります。男性は体目的の人も多いので結婚に繋がる出会いが多いとは限りませんが、恋愛の勘を取り戻してみたい人は試す価値アリです。その際はアプリ選びを慎重に行いましょう。

30歳婚活女性のNG行動

30歳から婚活する場合に失敗に繋がりがちなNG行動をまとめました。

当てはまっていないか、今後当てはまることがないかチェックしてみましょう。

お金に目がくらむ

金銭面を重視しすぎた婚活は、失敗の原因です。特に始めから専業主婦志望の女性は男性から敬遠されて、相手にされなくなってしまいます。

男性からするとパートナーとして信頼できず、そういった人と結婚するのであれば独身で自分の趣味にお金を使おうと考えてしまうためです。初対面でいきなり年収やお金の話をするのももちろんNG。マナー違反です。

相手の年収は結婚する上で1つの重要なポイントです。しかし、日本人男性の平均年収を知らずになんとなく年収600万以上で探しても、40半ば~50歳近い人しか当てはまる人がいないなんてことも考えられます。

年収のことは頭の片隅に置いておきながら、平均年収前後で価値観が合う人を探すことをおすすめします。

結婚に必死すぎる

真剣に婚活するのは全く問題がないですが、結婚に必死すぎる姿勢は男性から引かれてしまうこともありえます。

出会った男性も結婚に対して前向きなのであればまだ良いですが、いきなり年収を聞き出したり、親しくもない間柄でグイグイ行き過ぎるのは失敗の元です。

結婚したいアピールを抑えつつ、適度な距離感を保ちながら関係を構築しましょう。

なんでも相手任せにしてしまう

恋愛の場では、男性がエスコートして行先を決めるのが当たり前の風潮があります。しかし、婚活でも同じスタンスで全てを相手任せにしていると関係がなかなか発展しないことも考えられます。

いつも受け身でいては男性からしても気を使いますし、距離が縮まるのに時間がかかります。30歳女性の婚活戦略には、積極性が求められます。

自分から「〇〇に行きませんか?」とストレートに誘うのも良いですし、誘ってもらうように誘導するのも1つの手です。

相手からの誘われ待ちではなく、デートに積極的に誘うことで婚活は上手くいきやすくなります。

生活力がなく、料理ができない

結婚したいのであれば、生活力がないのは致命的です。これはあくまで一般論ですが、年収が高い男性側が仕事に力を入れて、女性側が生活をサポートするのが主流です。そうなると男性は結婚する上で相手に家事のスキルを求めます。

女性が実家暮らしの場合は特に、男性はその女性の生活力を疑います。お金に余裕があって、都合つくのであれば1人暮らしを始めてみるのも良いでしょう。家事のスキルが身に付きやすくなります。

お金使いが荒く、貯金がない

お金使いが荒い女性は男性から敬遠されがちです。女性が家計を管理することになった場合に、稼いできたお金を散財されてしまわないか不安になってしまうからです。

お金をきちんと管理出来ているかは、貯金で証明できます。真剣に婚活している男性に対してコツコツ貯金をするのが好きだとアピールするのは大きく高評価になる可能性が高いでしょう。

見た目を磨く努力をしない

婚活をするのであれば、見た目を磨く努力は間違いなく良い結果に繋がりやすくなります。見た目にこだわらずに前のめりな婚活を進めても、理想の相手と距離を縮めるのは難しいでしょう。

年収や価値観は、短期間では努力しても変えられません。ただ似合うファッション・髪型の研究やダイエットであれば、比較的短期間でも目に見えて効果が出ます。

幅広い男性からアピールを受けるためにも、見た目を磨く努力を継続しながら婚活を進めましょう。

30歳から取り組むべき婚活

それでは具体的にどう婚活を始めるのか、始めやすいものから順に紹介していきます。ちょっとしたことから始めてみましょう。

婚活・恋活アプリを始める

婚活や恋活系のマッチングアプリを始めることで、すぐにでも男性との出会いを広げられます。多くのマッチングアプリは女性が無料で利用できるので、コスト0でスタートできるのがメリットの1つです。

ただマッチングアプリの中には、体目的や遊び目的で登録している男性が多いアプリもあります。アプリ選びを間違えないよう、注意しましょう。婚活として使えるアプリは、ゼクシィ縁結び、マリッシュ辺りがおすすめです。

恋愛からスタートして結婚でも構わないのであれば、ペアーズも利用者が多くて使いやすいでしょう。

マッチングアプリは結婚に繋がりにくいともされていますが、自分がどういった層に人気があって、いいねがどれくらい付くかで簡単に需要が可視化できます。今回紹介したペアーズの女性の平均いいね獲得数は112。30代の平均いいねは67です。

いいねの数が全てではないですが、男性ウケするプロフィールの練習には丁度良いでしょう。

婚活パーティに行く

確実に婚活目的の男性と出会えるのが、婚活パーティに行くことです。立食形式で自由にフリートークが楽しめるものもありますが、主流は1対1のトーク形式になります。

1対1で向かい合って話せるトークタイムが5~10分ほど設けられていて、最後に最も気に入った人を紙に書いて提出。マッチングが成立すれば連絡先交換して食事に行く流れになっています。

1対1のトーク中に連絡先交換もできなくはないですが、パーティ会場ごとのルールには従いましょう。

パーティは、大まかに年齢を制限しているものもあれば、公務員限定や高身長男性限定、年収700万円以上限定など条件付きパーティも多く開かれています。

ただ、経歴詐称の人が多く紛れているパーティもあるので事前に口コミのチェックは必須です。

結婚相談所に登録する

より確実に結婚相手を探すのであれば、結婚相談所へ登録するのがおすすめです。結婚相談所に登録すれば結婚のためのアドバイスを受けつつも、自分の条件に合った相手を引き合わせてもらえます。

男性側も結婚相談所に登録している時点で本気度はかなり高いので、知り合って間を空けずすぐに結婚なんてケースもあり得ます。

本気度の高い男性と出会える代わりに、費用がかかるのがデメリットでしょう。入会金が3~10万円。入会とは別にプロフィール登録で1~3万円、希望の男性とお見合いを実現するのに5000~1万円、月額会費で毎月1万円前後と安くはありません。

それだけ本気度の高い人と出会えるのは魅力ではありますが、お金がかかることは事前に理解しておきましょう。

まとめ

今回は、30歳女性の未婚率、結婚できる確率をまとめ、婚活を始める上で意識すべきポイントやNG行動について紹介しました。

晩婚化が進み30歳で結婚していないことは珍しいことではありません。しかし、結婚して子どもを生みたいと考えているのであれば35歳が1つのリミットとなります。35歳を超えると妊娠率が下がり、染色体異常のリスクが上がるためです。

子どもを生んで育てたいと考えているのであれば、すぐにでも婚活を始めましょう。

RELATED POST