結婚の年齢

33歳~35歳が結婚するには?婚活手段それぞれのメリット・デメリット

35歳も半ばに近づき、そろそろ本格的に結婚相手を探さないと…と焦っている人も多いのではないでしょうか?

仕事もプライベートも順調な30代半ばの年齢だと、今後の人生プランを決める上で結婚するかどうかは重要ですし、もししたいのであれば早めに行動しなければなりません。

そこで今回は、30代半ばの未婚率から、33~35歳から結婚するために重要なポイントをまとめました。30代半ばから結婚したいけど、どうすれば良いのかわからない人はぜひ読んでみてください。

33歳の未婚率

2015年の国勢調査によると30~34歳の未婚率が33%、35~39歳の未婚率が23%となっています。30代半ばまでは3人に1人の未婚率なのに対して、35歳を過ぎると4人に1人と割合が急激に下がります。

このことからも、35歳までに婚活に対して精力的に活動するかどうかで結婚できるかどうかが決まってきます。

ただ、婚活の出会いの場や結婚相談所では、33歳は境目の年齢として扱われます。婚活パーティでは、25~33歳までを年齢の条件にしているところが多く、結婚相談所でも30~32歳を1つの基準に探す男性は多くなります。

そのため結婚を目指すのであれば、なるべく現実的な条件を設定し、早期に動いて1年以内に相手を見つけるのが重要です。

(参考:「国勢調査 未婚率」)

33歳,34歳,35歳が結婚しにくくなる最も大きな理由は、出産

結婚相談所や婚活パーティが、32歳を1つのボーダーラインとしているのは、妊娠が理由です。女性は30歳を過ぎると卵子の劣化が始まり、不妊率や染色体異常によるダウン症の確率が高くなります。

35歳が1つの基準とされていて、WHOでは35歳での初産は高齢出産と定義しています。

出会ってから距離を縮め、信頼関係を育む時間や新婚生活を楽しむ時間を考えると子どもを生むのであれば30~32歳を目安の条件とする人が多くなります。

そのため33歳を過ぎると出会いの面で大きなハンデを背負うことになるでしょう。34歳になるとそのハンデはより大きくなるので、33歳の年で婚活を進めることをおすすめします。

33歳から結婚するために重要なポイント

33歳から結婚するために重要なポイントをまとめました。ポイントを押さえて試行回数を増やせば必ず良い人と巡り合えるはずです。

結婚相手と結婚生活のゴールを決める

婚活を始める前に、なるべく具体的なゴールを設定しましょう。この時、結婚相手に対するゴールと結婚生活のゴールを別に考えておくのがおすすめです。出会った男性が結婚相手の条件に当てはまっていたとしても、想像通りの生活が送れるとは限らないためです。

結婚相手に望む条件は、年収、ルックス、性格の中からそれぞれ譲れないものを1つ挙げて目安としておきましょう。ただ、年収に関してはあまり高望みしてしまうと相手が見つからないまま時間が経過してしまうこともありえます。

結婚生活のゴールとは、住む場所、休日の過ごし方、食生活、子どもをいつまでに生むのか、お互いの趣味に関する考え方など、無数の条件が重なってできる条件の1つです。

相手の性格と自分の性格の相性もあるので一概には言えませんが、ある程度明確なイメージを持っておいた方が結婚後のイメージがしやすくなって生活が順調に行くはずです。

自虐的な発言を避ける

婚活する上で、まずは自虐的な発言を控えましょう。「私は〇〇だから…。」とネガティブな発言をされたところで言われた方は気まずいだけですし、良い気持ちはしません。

自虐ネタは自分を下げるだけで、相手の男性に舐められて雑な態度を取られかねません。基本は笑顔で相手の会話を引き出し、聞き上手になることを意識しましょう。

受け身の姿勢をやめる

20代の恋愛では全て受け身でも上手くいくことが多かったとは思いますが、30代半ばから婚活をするならそうはいきません。ルックス、性格が良くてきちんと会社員として働いている男性は、結婚を意識する女性から間違いなくモテます。

連絡先交換からデートのお誘いまで全て女性の方からしなければならない訳ではないものの、魅力的と思った男性は積極的に目を合わせ、誘いには乗りましょう。

相手から誘ってこないのであればこちらから誘う積極性も見せる必要があります。

理想を高く持ちすぎない

結婚できない最も大きな理由の1つが、理想を高く持ちすぎてしまうことです。特に難しいのが年収です。高年収を条件にするのが最も結婚を遠ざけます。

次に意識しすぎると危険なのが身長です。仮に平均身長を足切りの基準としてしまうと婚活で出会える中での多くの人を一目見た瞬間から候補外にしなければなりません。その中に性格や条件が合う人がいるかもしれないので、あまり厳しい条件に設定するのはおすすめできません。

休みの日は家から出る

休みの日は家から出ず、スマホをいじりながらなんとなく1日を過ごしてしまう人はなるべく家から出ることを意識しましょう。趣味の場や出会いの場に積極的に出向かないことには交流が広がりません。

無趣味な人は婚活を機に何か始めてみると良いでしょう。仮に男性との出会いがなかったとしても、同性の友達に相談することで息抜きや今後のアドバイスをしてもらえるかもしれません。

婚活自体にストレスを感じてしまう人は、ジョギングやボルダリングなど体を動かす趣味を見つけてリフレッシュしましょう。

婚活それぞれのメリット・デメリット

婚活を行うのに効率良く男性と出会うには3つの方法があります。結婚相談所、婚活パーティ、マッチングアプリの3つです。

これらを全て同時進行で進めても良いですが、まずはそれぞれのメリットデメリットを理解して、自分に合っている方法が何なのか、理想の相手を見つけやすいのがどれなのかを見極めましょう。

結婚相談所

結婚相談所は、結婚相手を探している人が登録し、お互いに条件の合った相手を引き合わせてくれる場所です。それぞれメリット・デメリットを解説していきます。

プロに相談して効率的な婚活が進められる

結婚相談所のメリットとして、結婚のプロに相談しながら婚活が進められる点があります。

現実的にどういった相手が見つかりやすいのか、自分に合った相手はどれくらいのレベルなのかを冷静に判断して紹介してもらえます。

結婚に対する漠然な悩みや婚活の不安・不満を聞いてもらえるのも相談できる人が周りにいない人にとっては大きなメリットとなるでしょう。

利用者の本気度が高い

結婚相談所に登録している人は、全て本気度が高い人だと言えるでしょう。なぜなら、結婚相談所は登録料や月額会費、お見合いにかかる費用などとにかくお金がかかるためです。

それだけのお金を払ってでも良い人と出会ってすぐにでも結婚したいと考えている人ばかりなので、条件が合う相手が見つかればじっくりお付き合いの期間をかけることなくすぐにでも結婚できるでしょう。

婚活パーティやマッチングアプリと比較しても、圧倒的に結婚への意欲が高いのが結婚相談所です。

費用が高い

結婚相談所のデメリットとしては、費用が高額な点が挙げられます。登録費、月額会費、お見合い会費、に加え、利用する結婚相談じょによってはプロフィール登録費など細かいオプション費用がかかります。

月額会費がおよそ1万円、登録費用が2~10万円ほどかかるので、他の方法と比較すると圧倒的にコストがかかります。

お金に余裕がある人でないと利用できない婚活方法です。

年齢によって候補から外されてしまいやすい

結婚相談所のデメリットとして、年齢を条件によって絞り込まれることから始めから候補にすら挙げられず、選ばれない問題があります。

例えば男性側が22~30歳の条件で検索していた場合は、33歳の女性は検索に表示すらされません。子どもを生むこと、新婚生活を2人きりで楽しむことを考えると33歳の年齢は結婚相談所で婚活するには多少のハンデを背負うことになります。

結婚相談所を利用するなら選ばれるのではなく選ぶ側として婚活することを頭に入れておきましょう。

婚活パーティ

婚活パーティは、立食形式のものと回転しながら1対1でのトークを繰り返す2種類があります。1対1のトーク形式が主流で、初対面でのトーク力が必要になります。

1度でたくさんの男性と出会える

婚活パーティに行くと、1度でたくさんの男性と知り合えるのがメリットです。女性はおおよそ3,000~5,000円程度が相場になりますが、積極的に連絡先交換を申し出れば十数人との連絡先が入手できるでしょう。

その後何人とデートに発展するかはともかくとして、相手の顔や雰囲気、ファッションセンスを見た上でまとめて多くの人と出会えるのは婚活パーティくらいです。

いいなと思える人が一切いないケースもある

婚活パーティによっては、良いと思える相手と一切出会えずに終わってしまうケースもありえます。地方のパーティだと、連続で参加しても数人はリピーター。新顔と出会える確率は下がります。

どういった相手を求めるかにもよりますが、お金と時間をかけて婚活パーティに行っても、一切その後に繋げたい相手が現れないのはザラにあると考えておきましょう。

積極性やトーク力が必要になる

婚活パーティで出会うには、積極性とトーク力が必要になります。まず、1対1での会話をひたすら繰り返し、相手の印象に強く残る必要があります。そのためにはルックスはもちろん、相手に気持ち良く話してもらうためのスキルが必要になります。

お互いに少しずつ情報を交換できればベストですが、上手く波長が合うとも言い切れません。かといってこちらから質問攻めにしても必死に見えてしまい、良い印章を残せません。

また、フリータイムのある婚活パーティの場合は、魅力的な男性は取り合いになります。そこで諦めずに、積極的にアピールできないと他の女性に出し抜かれてしまいます。

婚活パーティに何度か参加して、雰囲気とトーク力を掴みながら本命を探しましょう。最初の数回は練習と捉えておいた方が気が楽です。

婚活アプリ

婚活アプリでは、写真と自己紹介文を設定して、お互いにいいなと思ったらマッチングが成立。その時点でLINEの様に自由にメッセージのやり取りが可能になります。

遊び目的で利用する男性もいますが、アプリから出会っての結婚が年々増加傾向にあり、バカにできない婚活方法です。

自宅にいながら手軽に始められる

婚活アプリのメリットは、自宅にいながら手軽に始められる点にあります。スマホ1台あれば夜遅くでも平日、週末関係なくすぐにでも始められます。

仕事が忙しくて婚活を考える気力がない人や、平日休みで土日に開催される婚活系のイベントに参加しにくい人にとっては使いやすいでしょう。

出会いの数を増やすなら最も効率が良い

出会うために使う時間と、出会える人数を考えた場合、最も効率良く出会える数を増やせるのがアプリからの婚活です。

魅力的なプロフィールを用意できれば1日に数十人から100人以上の男性からいいねが届きます。女性はその中から魅力的だと思った相手にいいねを返してメールを送るだけなので、短期間で大量の連絡先交換が可能です。

費用も月額で3000~5000円程度なのでコスパ良く利用できます。

プロフィールと実物が全く違うケースがある

アプリで出会うデメリットとして、ネット上に公開しているプロフィール写真や内容と実物が全く違うケースがあります。写真は別人を使うのは禁止ですが、誰もが写りの良い写真を用意します。

年収や身長をどれだけ盛ってもバレないため、いくらでも詐称できてしまうのが実情です。

もちろん詐称している人とは次のステップに発展しないだけですが、会ってみてガッカリするケースがあるのを覚えておきましょう。

婚活に対する意識がやや低め

直接パーティ会場に足を運ぶ婚活パーティや、多額の費用を払って登録する結婚相談所と違い、婚活アプリを使って婚活している人は、結婚に対する意識が低めな傾向にあります。

すぐにでも結婚がしたい人よりは、1年近くお付き合いの期間を経て結婚したいと考える男性が多い傾向にありますね。

中には遊び目的で登録している人もいるので、相手の考え方や素性は慎重に見極めていく必要があります。

まとめ

今回は、33~35歳の婚活に関して、未婚率や結婚が難しくなる理由を解説し、婚活する上での3つの方法それぞれのメリット・デメリットを解説していきました。

35歳が近づくにつれ、妊娠率が低くなり結婚相手として候補から外されがちです。しかし、35歳だからといって絶対に妊娠できないわけではないですし、魅力的な男性を見つけて結婚に至る人も多くいます。

まずは結婚の条件を決めて、出会いに前向きに、積極的に行動してみましょう。

RELATED POST