相手の年収

年収600万円の男性と描く結婚生活と出会える方法とは?

結婚相手に求める年収の目安として、600万円を想定して婚活する女性は多くいます。しかし、年収600万円と聞いてどれくらいの生活水準なのか、専業主婦としてやっていけるかどうかが気になる人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、年収600万円の男性との結婚生活を想像するための目安や、年収600万円の男性の割合、年収600万円の男性と出会える場所まで詳しくまとめました。

年収600万を1つの目安として婚活を考えている人は、ぜひ読んでみてください。

年収600万円の男性との結婚生活のイメージ

まずは、年収600万円の男性と結婚するとどれくらいの生活ができるかをわかりやすくまとめました。前提として、年収600万円だと手取りは460万程度になります。ここでは、女性側の収入を計算せずに生活水準を計算していきます。

家賃と住める場所

年収600万円の場合、月の手取りは30~35万円程度になります。家賃は月収の25~30%が目安となるので、10万円前後となるでしょう。

都内でも中央区や港区を避ければ、2K、2DKの部屋が充分に借りられます。千葉や埼玉のベッドタウンで生活して通勤するのであれば、2LDKや3DKも視野に入ります。住む場所や住居に関しては、一部の地域を除いてほとんど困ることはないでしょう。

専業主婦になることも充分可能

話し合った上で、子どもがいない状態で専業主婦になることは充分に可能です。手取りを仮に30万、家賃を10万とすると、残りが20万円。ある程度外食をしたとしても、貯金をしつつ充分に暮らしていけます。

男性側が遊興費にどれだけ使うかにもよりますが、女性が専業主婦となって贅沢せずに暮らしていくのは可能でしょう。

ただ、毎月新しい洋服やブランド物を買ってもらうのは現実的に難しいですね。

毎年の海外旅行も

男性側の収入が年収600万円あれば、年に1~2回の海外旅行が実現するでしょう。食費を抑えて生活できれば費用が安く済むアジア圏だけでなく、北米やヨーロッパへの旅行も視野に入ります。

旅行好きの女性からすると大きな魅力にも感じられますね。

子どもが出来た後は専業主婦は難しい

男性側の年収が600万あっても、子どもが出来た後ずっと専業主婦を続けるのは難しいでしょう。

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、児童がいる世帯の平均世帯収入は745万円です。女性側が専業主婦を続けるとなると、平均よりも145万円収入が少ないことになり、月収で計算すると約12万円の差が出てきます。

子どもができるまでは女性も正規雇用で働き、子どもが出来て余裕が出てからは女性もパートとして働くのが一般的となるでしょう。

年収600万円の男性ってどれくらいいるの?

厚生労働省の調査によると、年収600万円台の男性の割合は全体の3.1%。(参考:厚生労働省:平成30年賃金構造基本統計調査結果の概況)さらにこれを年代別で見ていくと、20~24歳では0%。25~29歳で0.2%。30~34歳で0.7%と非常に少なくなっています。

単純な割合だけで言えば、100人規模の婚活パーティに10回参加して、20代の年収600万男性とは出会えて2人だけ。非常に狭き門で、かつ出会うのが難しいエリートなことがわかります。

年収600万円が外せない絶対条件なのだとしたら、年齢層を35歳以上に引き上げることで比較的出会いやすくなります。

年収600万円の男性が結婚相手に求める理想は?

エリート男性である年収600万円の男性が、結婚相手に求める条件をまとめました。もちろん人によって求める条件は異なりますが、以下で紹介するものは抑えておくことをおすすめします。

仕事の忙しさを理解し、支えてくれる

年収600万円の男性は、結婚相手に仕事の忙しさに対する理解を求めています。なぜなら、高収入の男性は生活の中心が仕事にあり、激務の日々を送る人が大半だからです。

仕事の付き合いで飲み会やゴルフが多く、疲弊している時にパートナーの女性から浮気を疑われては気持ちも冷めていきます。そのため高収入の男性の多くは、女性に対してしつこく連絡をしてこないか、かまってアピールが激しくないかを見ています。

彼が忙しく働いている時に、LINEの返信が来なくて悲しんだり「さみしいからもっと構って欲しい」などと発言してしまう人は要注意です。

彼の仕事を最優先に考え、支える意識を持てる人が最終的にパートナーとして選ばれやすくなります。

容姿に優れていて、健康的なスタイル

年収600万円以上の男性全てが、美人で顔の整った人しか結婚相手に選ばないわけではありません。ただ、努力して高収入を得たのにわざわざ容姿が魅力的に感じられない人を選ぶこともないでしょう。

特に仕事に時間を注いでいる男性は、じっくり内面まで見極める前の段階で足切りを行います。太っている女性の場合、その時点でアウトとなる可能性が高いです。

太っている場合は自己管理が出来ていないと判断されてしまい、今後生活を共にするパートナーとしては選びにくいためです。

専業主婦志望は敬遠されがち

最初から専業主婦を希望してしまうと高収入の男性からはガッカリされがちです。お金が目当てで結婚するのが丸見えで、ただサボりたいように見えてしまうためです。

もちろん中には子どもの面倒を見つつサポートしてもらいたいと考える男性もいます。ただ専業主婦を志望するのではなく、仕事にやりがいや社会貢献を求めている女性の方が男性からすると魅力的に見えがちです。

ゆくゆくは専業主婦になりたいと考えていたとしても、あまり表には出さないことをおすすめします。後にじっくりと話し合いましょう。

貯金があってお金の管理ができる

高収入の男性は、結婚相手にお金の管理がきちんとできるかどうかを重視します。自分で稼いだたくさんのお金をきちんと計算できず散財されてしまっては、生活を共にしていけないからです。

お金の管理ができるかどうかは、貯金があるかが証拠になります。女性に対して高い収入を求めてはいないものの、稼いだお金をきちんと節約して、貯金できているかどうかを男性は確認するはずです。

一目で見てわかる派手なブランド物は身に付けるのを避けた方が無難です。

年収600万円の男性の仕事

年収600万円を達成しやすい男性の仕事を簡単にまとめました。婚活する上で相手の年収を見極めるのに使えるので、目安として頭に入れておきましょう。

電気・ガス・熱供給・水道業

600万超えの収入が目指せるのが、電気・ガス・水道といったインフラ業界。これらの業界は都心だけでなく地方にも必ずあるので、出会えるチャンスは幅広くあります。

中でも特に年収が高いのは、「東北電力」「中部電力」「九州電力」「東京ガス」「大阪ガス」といった電力会社とガス会社。原発事故があったものの、「東京電力」もかなりの高収入ですね。

金融業・保険業

厳しいノルマと縦社会の代わりに、圧倒的な福利厚生と収入の高さが魅力の金融・保険業。「三井住友FG」「UFJホールディングス」「東京海上火災保険」であれば、600万は優に超えます。

情報通信業

情報通信業は、テレビ・ラジオの放送局からゲーム会社、映画制作会社が含まれます。大手になれば平気年収が1000万円を超える人も出てきます。

平均年収600万前後には「マネーフォワード」「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」「ピー・シー・エー」などが当てはまります。

年収600万円の男性と出会う方法

年収600万の男性と出会う方法をまとめました。アプリで探すのは非効率的ですが、婚活パーティになれば確実に出会えます。

結婚相談所

高収入男性のみを集めた結婚相談所であれば、年収600万円の男性と出会うのは比較的簡単でしょう。よほど条件を限定しなければ、出会うまではそう難しくはありません。

ただ高収入男性を集めたハイスペック系の結婚相談所は、女性の登録料や月額会費がやや高めに設定されています。

登録料だけで10~30万円かかるのはザラで、条件も37歳までの短大卒までと決められています。利用する場合は口コミや金額・条件を入念にチェックしておきましょう。

条件付きの婚活パーティー

年収600万以上の男性のみが集まる条件付きの婚活パーティに参加することで、簡単に高収入の男性と出会えます。

女性側には年齢しか条件が設定されていないことがほとんどなので、厳しい参加条件はありません。
結婚相談所のようなサポート体制はないものの、参加費用は3000~6000円程度とかなりお手頃。1対1のトークで距離を縮められる自信がある人や、高額の登録料を払うのが厳しい人は、婚活パーティに挑戦してみることをおすすめします。

バー

年収600万以上の高収入男性と出会いたいなら、バーでの出会いに期待するのも1つの手です。バーには、人脈を広げるためや忙しい仕事の合間の一息を入れるためにハイスペックな男性がふらりと訪れます。

マスターが仲を取り持ってくれることもよくありますし、普段絶対に出会えないような人種とも出会えます。お酒が好きであれば、通い詰めて見るのもありでしょう。

ただ、出会った相手が結婚に前向きかどうかはわかりません。体の関係だけで終わってしまうことも充分考えられるので、よく見極めましょう。

年収の高い企業に勤める

年収の高い男性との出会う方法として、自分も年収の高い企業に勤める方法が挙げられます。平均年収の高い企業に勤められれば、出会いに関して困ることはありません。

男性側からしても性格や器量の良さ、社交性を普段から観察できるので、安心してアプローチがかけられます。転職によるキャリアアップで結婚に繋がる出会いがあるケースも充分考えられますよ。

年収600万円の男性と結婚を目指す場合の注意点

年収600万円を条件に婚活を続ける場合、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。お金だけを条件にすると失敗が続きいつまでたっても結婚できなくなってしまうので、注意しましょう。

年収を聞かない

結婚する上で相手の年収を特に重要視する場合でも、男性には年収を聞いてはいけません。特に年収600万円以上のエリート男性は、お金につられて寄ってくる女性を嫌というほど見てきています。

深い関係になる前に「年収はおいくらですか?」などと聞いてしまうとその時点で男性の中で結婚相手の候補としては外されます。大変失礼な行為なので、特に初対面でお金の話を切り出すのは控えましょう。連絡先交換すらできなくなってしまいます。

年収は相手の仕事や職種を聞いて、ファッションや持ち物から推測しましょう。業種と職種さえ分かれば検索することで簡単に平均年収が割り出せます。

年齢層の幅を広くする

20代後半~30代前半の男性で年収600万円を超えている人は極わずかです。年収600万円に加えて男性の年齢まで限定するとなると、かなり数が限られてきて、出会うだけでも一苦労となります。

年収600万円が絶対に外せない条件なのであれば、相手の年齢の条件は40代半ばまで引き上げましょう。そうすることで出会えるチャンスはグッと広がります。

性格や相性、人生プランが理想に近いかどうかを確認

仮に年収が600万円の男性と出会えても、結婚生活が上手くいくかは性格の相性とお互いの人生プランが一致するかどうかです。

お金があって生活に余裕が出来ても、仕事が忙しすぎて夫婦の時間が取れず、寂しい日々が続くなんてことも充分考えられます。仮にそうなってしまったとしても、常に支えてあげたいと思えるか、尊敬できるかを重要視しましょう。

まとめ

今回は、年収600万の男性と結婚するとどういった生活が送れるかをまとめた上で、年収600万の男性の数や600万を超えやすい業種、出会い方を紹介しました。

住む場所には困らず、貯金をしながら旅行にも行けますが子どもができると専業主婦で居続けるのは難しい可能性が高い結果となりました。

年収600万の男性は婚活女性が想像する以上にエリートで激務に追われています。そんな男性をサポートしつつ、穏やかな生活が続けられるイメージを与えられれば結婚相手として選ばれやすいでしょう。

出会いの場は結婚相談所や、条件付きの婚活パーティがおすすめです。マッチングアプリやネットの出会いはお手軽ですが、年収600万の男性を見つけ出すのは難しいので注意しましょう。

RELATED POST