相手の年収

婚活女性必見!年収800万円の男性と結婚する現実的な方法とは?

婚活女性の多くは、「年収800万円の男性と結婚したい!」と考えているのではないでしょうか?

コロナ渦で失業や自殺のニュースが取りざたされる中、結婚に“安定”を求めるのは当然のこと。「年収1000万円とまではいかなくとも、少なくとも年収800万円を稼ぐ経済力がないと不安!」と思うのも仕方がありません。

では、年収800万円の男性と結婚するのは、どうしたらいいのでしょうか?

ご承知のとおり、年収800万円の男性は婚活市場で人気!厳しい婚活市場においては「年収800万円を稼ぐ男性と結婚する方法」を知らずに簡単に手に入れることはできません。

そして、彼らは必ずしも美人でスタイル抜群、性格が良い子を選ぶという訳ではありません。

本記事では、年収800万円を稼ぐ男性と結婚するためには何が必要か知った上で、現実的に結婚する方法をご紹介します。

年収800万円の男性が選ぶ女性の4つの特徴

年収800万円の男性が選ぶ女性の4つの特徴

まず、押さえておきたいのは、年収800万円の男性結婚相手に選ぶ女性の特徴です。

そういった高収入・高学歴の男性は、美人な彼女をよく連れていますが、その彼女を結婚相手として選ぶとも限りません。彼女≠結婚相手と考える男性が実は多いのです。

そして、年収800万円の男性の結婚相手の条件はいたってシンプル。それでは高収入男性が選ぶ女性の共通する特徴をご紹介します。

育ちの良い女性

年収800万円の男性の多くは、高学歴であり、自身が比較的裕福な家庭で育っている場合が多いです。そのため、相手にも自分と同等の「育ちの良さ」を求めます。

私が以前、東大出身の男性たちとの飲み会に参加した時、「彼女の両親が官僚だ」「妻の父親が○○の社長で…」など、パートナーの家柄を話題にする男性が多いことに驚きました。

収入や学歴の高い男性は、一般の男性より「育ちのよさを重視する」ということは意識しておいた方がベター!

ただ、「うちは育ちが良くないから…」と落ち込んでいる女性も大丈夫です。

「育ちが良くみえる女性」なら年収800万円の男性に選ばれる可能性は高いのです。

キーワードは「清潔感」「上品」「女性らしさ」。この3つを意識してみてください。

丁寧な言葉遣いや、相手に配慮した行動、清潔感のある身だしなみを心がければ、好感度はグッと上がり、「育ちの良い女性」として見られるはずです。

自分の家族や友人に紹介しても恥ずかしくない女性かどうかが、結婚相手の候補になる第一条件かもしれませんよ。

笑顔の素敵な女性

「笑顔」は、最大の女の武器。 「女は愛嬌」という言葉があるように、素敵な笑顔の女性を嫌いな男性は一人もいないのです。

そして、結婚において笑顔は大切な要素。男性は結婚に安心を求めます。

そのため、どんなに美人でもいつも不機嫌そうな女性とは、結婚生活が安らぐイメージがしにくく、結婚相手の候補に上がりにくいようです。

また、誰にでも笑顔を振りまく女性の方が◎。「八方美人」と思われるかもしれませんが、いつでも誰に対しても笑顔の女性は、「裏表のないいい子」と判断されやすいようです。

そういった女性の雰囲気から、自分の両親や親戚とも上手くやってくれそうだと男性は自然と選ぶ傾向にあります。

女性も人間なので、機嫌が悪い時も、怒りたい時もありますが、笑顔でいようと努力する人は魅力的。

ぜひ、今日から会社や婚活の場で「いつも笑顔でいること」を心がけてみましょう。

自立心のある女性

いつの時代も「家庭的な女性」が理想の結婚相手として人気ですが、昨今の男性は、「自立心のある女性」を求める傾向にあります。

2017年、男性の結婚相手に求める条件調査において、男性の10人に1人が自分より年収の高い妻が理想(11.1%)と答え、2012年から3.4%増加しています。また家事・分担、共働きが理想(38.6%)となり、2012年調査より4.0%増加しています。

(参考:「婚活・結婚・恋愛に関する調査」)

女性は家庭で家事と育児というスタイルから、仕事も家事も平等にできる自立したパートナーが理想だと思われている方が多いのです。

また、年収800万円といっても、手取りにすれば600万円ほど。そんな中、1人で一家を養うとなれば、決して余裕があるとは言えないですよね。

ですから、初めから専業主婦志望で玉の輿に乗りたい女性は、結婚相手として魅力を感じないという男性も多いのです。

年収800万円の男性のように高収入の男性は、社会に出て経験と苦労、努力をしているので、その苦労を共感できる働く女性に魅力を感じます。

また、「残業で今日は会えない、週末はゴルフだから…」と忙しい男性に対して、「本当は浮気しているんじゃないの?」などと疑う女性はNG。また「さみしい」としつこく連絡してしまう女性も要注意です。

忙しい男性が、女性の行動に煩わしさを感じてしまうのも仕方がありません。

そして、男性がいなくても、有意義に過ごせる女性は、「自立していて、精神的にも安心」と思われることが多いようです。

容姿または学歴・知性の優れた女性

男性にとっての結婚相手は「自分の子供の母親となる人」です。

特に、年収800万円の男性はそれなりにモテるので、女性を見る目が肥えています。そして本能的に自分の遺伝子を残すために、最適な女性を選ぼうとするのかもしれません。

自分の容姿にコンプレックスのある男性は、容姿が優れた女性を選ぶもの。自分の長所とニーズを理解しておくことも大切です。

また年収800万円の男性は、能力の高い子どもを産んで、正しい教育をしてほしいと思っています。その中で、学歴が高いということは、「勉強をして受験をするプロセス」が自身の育った環境に近い点も多く、安心できる材料の一つになるのかもしれません。

また、学歴に自信がない女性も、「知性」があれば大丈夫です。

知性があることで会話も広がり、一生のパートナーとして楽しい結婚生活が想像しやすいのです。また子供の教育も安心して任せられると思われるでしょう。

「知性や教養」はいくつになっても身につけられるもの。今からでも遅くないので、本や映画などで日々自分磨きに努めることが大切ですね。

年収800万円以上の男性との結婚は本当に幸せか?

年収800万円以上の男性との結婚は本当に幸せか?

ここまで、年収800万円の男性が選ぶ結婚相手の特徴をご紹介しました。どんな女性像が理想の相手なのか想像できたかと思います。

ですが、果たして年収800万円との男性と結婚は本当に幸せになれるのでしょうか?

年収800万円の男性と結婚できたからと言って「幸せになれなかった」では意味がありませんよね。将来のリスクを踏まえた上で、婚活を始めましょう。

年収800万円以上の男性の割合

年収800万円以上の男性の割合はどのくらいかご存じでしょうか?

答えは全体の4.2%…!

思ったより少ないと思われた方が多いはず。もちろんこの数字は、既婚者も含めたすべての年代が含まれた割合。年代別に見ていくと、20代では0%、30代では3%、40代では8%、50代では11%という結果に。

(参考:「令和元年度民間給与実態統計調査」)

結婚相手としては「30代が理想」だと思っている女性が多いと思いますが、たった3%しかいない男性の中から独身者と出会い、結婚相手として選ばれなければなりません。

現実的にかなりハードルが高いということは念頭に入れておく必要があります。

高収入男性との結婚した時にリスクはある?

3%の男性と出会えただけでも運がいいので、「出会えたら迷わず結婚しよう!」と思ってしまいそうですが、まずは相手をしっかり見定めてくださいね。

高収入男性との結婚における将来のリスクもしっかり頭に入れた上で、「自分が幸せになれる男性かどうか」判断しましょう。

年収800万円以上の収入が維持できない可能性

まず1つ目のリスクとしては、「年収800万円以上の収入が維持できない可能性」です。

例えば、今は安定した企業に勤めていても、転職や別の夢を希望している場合もあります。

また、犯罪とまでいかなくてもセクハラなどのコンプライアンス違反で異動や解雇になる可能性も。「年収800万円の収入を稼ぐ」よりも「収入を維持または増やせそうな人間性か」という点はよく見極めましょう。

年収800万円を家族のために使わない可能性

2つ目のリスクは「年収800万円を家族のために使わない人間性」という点です。

せっかく高収入の相手と結婚しても、その収入をパートナーや家族のために使わないタイプであれば、低収入の男性と同じですよね。

ケチなタイプや、収入をすべて自分の趣味や遊びに使ってしまうタイプではNG。お付き合いしている段階で、お金の使い方や考え方は要チェックです。

そして、「俺が稼いでるんだから言うことを聞け!」といったモラハラ夫になるタイプかどうかも判断しておきたいポイントです。

男性の家族と良い関係が築けない

3つ目の可能性は「男性の家族と良い関係が築けない」というリスク。

こちらはあくまでもリスクですが、男性が高収入で家柄もいい場合、男性の家族が嫁に求めるものは必然的に高くなります。

結婚して裕福な生活を送れても、姑や小姑との人間関係に悩まされる毎日を過ごせば幸せとは言えないはず。男性の家族もよく知った上で結婚を考えましょう。

【現実的!】年収800万以上の男性に狙いを定めた婚活とは

【現実的!】年収800万以上の男性に狙いを定めた婚活とは

年収800%の男性がいかに少ないか、結婚後のリスクあるということもが理解されたと思います。「それでも年収800万円以上の男性と絶対に結婚したい!」という方におすすめな婚活方法をご紹介します。

狙いを定めた婚活を始める

「年収800万円の男性がいたら結婚しよう」と漠然と出会いの数を増やしているだけでは、出会うことすら難しいのです。

効率よく、ピンポイントで狙いを定める方法が得策です。そして「年収800万円以上の男性がいる場所に行く」ことがポイント。

例えば、エリートが集まる婚活パーティーへの参加や、医者や弁護士限定の結婚相談所に登録してみましょう。

この場合、会費が高いことも多いですが、効率よく確実に出会える方法です。またシビアですが、合コンや結婚式の二次会には、幹事や友人の結婚相手の職業、学歴などから高収入者との出会いがあるか見極めて参加を決めましょう。

残念ながら、年齢を重ねるごとに遠ざかっていくのが結婚…。今が一番「売れ時」と考えて、無駄な出会いに時間をかけず効率の良い婚活をするということが大切です。

ストライクゾーンを広げる

先ほどお話ししたように年収800万円以上の男性はわずか3%。かなり狭き門ですが、40代や50代になればその割合も大きくなります。

つまり、自身のストライクゾーンを、40代や離婚歴がある方まで広げてみるのも1つの方法です。

30代の初婚となる男性が理想的なのはもちろんですが、少し視野を広げてみると素敵なオジサマに出会えることも…。

年齢を重ねている分、人生経験豊富で包容力のある魅力的な男性も多いのです。また離婚経験があるからこそ、相手を大切にしてくれることもあるので、マイナス面ばかりではありません。

「年収800万円以上の初婚、30代男性」に限定するとかなりチャンスが狭まります。容姿や年齢、離婚歴など妥協点を初めから明確にしておくことは大切なポイントです。

年収800万円以上の男性でなくても幸せな結婚もある!?

年収800万円以上の男性でなくても幸せな結婚もある!?

ここまでお話ししましたが、「私はストライクゾーンを広げてまで結婚をしたくない!」と思われた方は必見です。

お相手が年収800万円でなくても「幸せになれる結婚」とはどんなものかご紹介していきます。

将来的に年収800万円以上を稼げる男性を選ぶ

まず1つ目に、「将来的に年収800万円以上を稼げる男性を選ぶ」ということ。

今は収入が低くても、将来出世や成功しそうな男性を選ぶ方法です。

相手を見る目がかなり必要ですが、自ら選び、彼をバッグアップしていく点で、将来成功した時には、女性として大きな喜びを得られるはずです。

自分の収入をUPさせる方法

2つ目は、「自分の収入をUPさせる方法」です。

女性が一生働くという選択をし、自分の収入が高ければ、あえて旦那さんの収入にこだわる必要はありません。

自分の人生設計をしっかり行った上で、「これくらいは自分で稼ぐ」という自信があれば、相手の収入にこだわらず好きになった人を選べるのです。

今は、産休・育休制度が手厚くなっており、女性が一生働ける環境が整備されつつあります。

自身のキャリアプランを明確にすることで、年収800万円の男性にこだわらず、自分の好きな人と幸せな結婚生活が送れるかもしれません。

まとめ

ここまで、年収800万円の男性と結婚する方法についてお話しました。

年収800万円の男性との結婚は難易度が高いですが、決して不可能なことではありません。ぜひとも戦略的に婚活にトライしてみてください。

ただ、年収800万円の男性を選ぶ理由は、「自分が幸せになりたいから」という根本を見失わないことです。たとえ年収が高くても幸せになれる結婚でなければ意味がありません。

「結婚したい」と漠然と願うより「どんな生き方がしたいから、相手にはこんなことを求めたい」と考えると理想の結婚相手が明確になるかもしれません。

まずは、自分の人生設計をしっかり考えて素敵な相手を見つける努力をしてみましょう!

RELATED POST